ホーム > ご挨拶

 

恒例の注連縄作り、今年も力強く!

11月30日、八劔神社境内で一ヶ月後に迫った新年の注連(しめ)縄作りが行われました。
総代さん方の巧みな手さばきで縒(よ)りがかけられ、数人の手で腕っ節も強く締め上げられると、きゃしゃな稲穂も見る見る力強い注連縄に変身していきました。
お祓いを受けた後、大晦日に拝殿正面等に掲げられます。

このページのトップへ

/html>