ホーム > 宮司だより

ご 挨 拶

 御代(みよ)がわり 新元号の制定 大嘗祭(だいじょうさい) と、昨年の大きな時代の節目を経て、令和最初の新年を迎えました。今年の干支(えと)は子(ね)、十二支の先頭に立つと言う意味でも気持ちが改まり、また8月には世紀の祭典オリンピックが東京と札幌で行われます。
 新年に寄せる期待の大きさを反映し、八劔神社への参拝者の数も例年に比べ特に多かった様に思います。好天に恵まれ、和やかな雰囲気の中で参拝したりお神籤(みくじ)を結んだりする姿が見られました。特別祈祷の希望も多く、厄払いに加え家内安全、家族の幸せや健康を祈願する方々が目立ちました。昨夏より始めました御朱印も好評で、地域の皆様方から温かく迎え入れられた様に思います。神社をお護(まも)りしご奉仕し申し上げる者として、地域の皆様方に気持ちよく新年の参拝をしていただけました事、心より有り難く思っております。
 さて、巨大地震をはじめとする想定外の自然災害が予告される昨今です。安心して参拝いただける神社の安全な環境作りは我々の使命であり、それらについて熟慮し十分な対応をしていかなければならないと思っております。今後とも、地域の皆様方の温かいご理解とご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

              令和2年1月  八劔神社宮司 冨 田 克 俊

このページのトップへ

>Copyright© 2014 @八劔神社. All Rights Reserved.