ホーム > 四季折々の風景 左義長

「左義長」
小正月に行われる火祭りの行事
長い竹を組んで立て、門松・注連縄・書き初めなどを焚き上げるものです。
旧年のお神札やお守りに感謝して、古神札の焼納も併せて行われます。
その火で餅を焼いて食べ一年の無病息災を祈ります。

このページのトップへ